リシャール・ジョフロワは、IWAに新しい調和を探求しながら、プレステージと呼ぶに相応しい日本酒を追い求める。五感に響く日本酒らしい日本酒、それでいて包容力があり、個性が溢れる、輝きに満ちた日本酒。そんな相反する要素を併せ持つ日本酒は、単一の日本酒では表現しえない。様々な要素を組み合わせて出来上がった複数の日本酒をブレンドすることで実現される。既存の精米歩合を基準とした価値観を超え、IWAはブレンドにより、さらに深いハーモニーを生みだしていく。
理查.吉歐法依(Richard Geoffroy)在「岩 - IWA」尋找一個全新的和諧,並實現在其偉大清酒逐夢之旅。真實應許而現的清酒 ⎯⎯ 在顯著的感官流動裡 ⎯⎯ 亦緊緊擁抱並延展它的特質,一款光芒四射的清酒。如此帶有矛盾的主張,是無法從單一釀造中產生。它只能透過調配設計去實現,調配為精米過程中已建立的範例中再添新典範。調配越豐,和諧亦增。
オーケストラのように緻密な構成のもと、様々な醸造の技法を駆使し、異なる産地で栽培された山田錦、雄町、五百万石の酒米、5種類の酵母がIWA5の旋律を奏でている。ブレンドとは多くの楽器をコントロールしながら演奏するようなものだ。可能性を見極め、追求に値するエレメントを抽出し、心地良い音楽に仕立てていく。全てがそこにある。然るべきところに。然るべき瞬間に。
透過精準的編制,由五組元素齊唱來創造出岩5(IWA 5)。例如米種組,由三個米種組成:山田錦、雄町、五百万石。在酵母組,5種菌株被聚集在一起。另外米的原產地、繁殖酒母的方式(造酛)以及發酵的制度也各司其職發揮作用。調配則是這些眾多元素中的受控交互作用,以定義出一個可能性的局面,並從中選擇那些值得追求且完善的諧音。
IWA5は完成されたレシピを持たず、実験的なプロセスを辿りながら、少しずつ、絶妙に進化していく。1年、そしてまた1年と新しい異なった特徴が生み出され、新しいIWAが現れる。
岩5(IWA 5)並沒有一個固定的配方,而是透過每年重新思考的實驗過程中去釀製。岩5 IWA 5 巧妙地發展,隨著一年過去,新的特性展露,且新的面向也出現。

創辦人・ 釀酒師 理查.吉歐法依

理查.吉歐法依(Richard Geoffroy)對美的追求,將他推向事業的最高峰。在香檳區心臟地帶出生的他,成為香檳王(Dom Pérignon)的第五代首席釀酒師,並且為這傳奇酒款寫下28年的篇章。現在他開始一個新的實驗,希望能對這個在日本已存在千年以上歷史的產物:清酒,有所貢獻:。
リシャール・ジョフロワの美を追求する姿勢は、彼を匠の最高峰へと導いた。シャンパーニュ地方の中心に生まれ、ドンペリニヨンの5代目醸造最高責任者となった彼は、28年にわたって伝説のメゾンを率いた。そして今、1000年の歴史を持つ日本酒の物語に新たな一章を刻もうとしている。
對理查.吉歐法依(Richard Geoffroy)而言,日本從來不是一種抽象概念。在1991年首度相遇的火花而起,無數次的日本之旅激起他對這個國家、文化和人民的熱愛。因此,岩 IWA,是永遠無法在一個非清酒起源中心的國外被打造出來的。為了忠於清酒本質,並成為一個真正的國際化清酒,岩 IWA 需要紮根於日本,並以傳統方法在自己設計的酒造中去釀造。
リシャール・ジョフロワにとって、日本は漠然とした憧れではない。1991年の衝撃的な出会いから、数え切れない程日本を訪れ、その度に人々や文化への愛が掻き立てられていった。だからこそIWAは、単に海外でデザインされただけの日本酒、曖昧で味気ない日本酒にはなりえない。世界基準かつ真の日本酒であるために、IWAは日本に深く根付き、伝統的な技法を用い、自らの酒蔵で醸される必要があった。

起源地 立山町

IWAは、その原点とも言える富山県立山町白岩に深く根ざしている。会社名「白岩」及びブランド名「IWA(岩)」は、この土地から名付けられた。世界有数の深雪地であり、日本アルプスが磨いた清らかな水が流れ、10ヘクタールの広大な稲田が広がるこの地に、2021年1月、酒蔵がオープンする。
岩 IWA 有一個明確的起源點:位在白岩,隸屬於立山町(富山縣),因此公司命名為白岩,而品牌名稱為岩 IWA,即「白色岩石」和「岩石」之意。擁有一個10公頃稻田的白岩酒藏,將於2021年1月開放。座落於山麓與平原耕地間,可直接取得由日本山脊流下,亦是全世界數一數二積雪最厚高山融雪所產生的純淨水源。在這蔥綠的稻田裡,不難遇見日本彌猴成群穿梭其中。
南には飛騨山脈が広がり、日本三霊山のひとつである立山がそびえ立つ。北西にはサステイナビリティに注力し、起業家達にも注目されている富山市が位置しており、地平線の先には日本海が広がる。山、大地、海、農村、そして都市―全てが存在する、非常に日本らしい風景である。「都市と農村」、「革新と伝統」―掛け合わせることで生まれた新しい価値と、純度の高さゆえの、脈々と受け継がれる価値という相反する要素が調和をみせているのだ。
往南,飛驒山脈延伸整個區域,它們都是屬於日本三大名山之一立山的一部分。往西北,就是富山市,一個有著追求永續的決心和進取精神的創業家中心。在地平面上:日本海。山脈、陸地、海洋、城鎮:一個結合了工業與農業,都市與農村,傳統與現代,純淨與融合的典型日本景觀。
リシャール・ジョフロワは、プロジェクト誕生の地として確信をもち、美しいこの場所を選んだ。
理查.吉歐法依(Richard Geoffroy)秉持著必須能完全孕育這項專案誕生的理念,因其之美,而選擇了這個地點。

白岩 酒藏

清酒本質是一個工藝品,必須不斷地使其完美。在日本各地分布著成千的酒藏,杜氏(清酒釀酒師)和他們的團隊執行著一個精密複雜、古老、手工的過程。精米、洗米、浸漬、蒸米、冷卻、製麴、酒醪、發酵、上槽 ⎯⎯ 固體奇蹟般地演變為液體,穀物轉化成酒精。在當今從業者數量下降時,能夠來開創一間當代的酒藏是我們莫大的殊榮,而這個酒藏更是由知名建築師隈研吾所設計。
日本酒は絶え間なく紡がれてきた匠の技の結晶である。日本において1,000程点在する酒蔵において、杜氏蔵人が、洗練された熟練の技術によって、手作業で醸していく。米を磨き、研ぎ、浸し、蒸し、冷ます。さらに麹を加え、発酵せ、搾る。個体が液体へ、米が酒へと、奇跡的な変容を遂げるのだ。多くの酒蔵が減少の一途を辿るこの時代に、酒蔵新設の幸運に恵まれ、蔵は世界的建築家、隈研吾によって設計される。
日本酒は絶え間なく紡がれてきた匠の技の結晶である。日本において1,000程点在する酒蔵において、杜氏と蔵人が、洗練された熟練の技術によって、手作業で醸していく。米を磨き、研ぎ、浸し、蒸し、冷ます。さらに麹を加え、発酵させ、搾る。個体が液体へ、米が酒へと、奇跡的な変容を遂げるのだ。多くの酒蔵が減少の一途を辿るこの時代に、酒蔵新設の幸運に恵まれ、蔵は世界的建築家、隈研吾によって設計される。
蔵はその地名から「白岩」と呼ばれる。風景と見事に調和し、その土地と融合するこの蔵は、IWAの中枢ともいえる、「分け隔てなく、全てを包み込むような包容力のあるコミュニティの醸成」という理念を体現している。作り手もゲストも、家族のように同じ屋根の下で、一つの炉を囲むことができる。IWA独自のアプローチは白岩の蔵の設計にも影響を及ぼしている。

合作者 桝田 隆一郎
馬克.紐森
隈 研吾

桝田 隆一郎

由一群充滿熱情和創意的人們賦予岩IWA生命。
IWAは、情熱と創造力に溢れる人々によって命が吹き込まれた。
工業設計師馬克.紐森(Marc Newson)將岩 IWA 雕化成玻璃。他依照傳統的清酒器皿並將其變形來創建瓶子的形狀,選擇並非常見的深色調並以天鵝絨般的光澤來完成瓶身表面:注入酒液時所產生的戲劇性效果,就像是從陰影深處中發射出光芒似地。由書法家木下真理子和平面設計師中島英樹共同繪製的商標,以一層薄薄的平板狀白玻璃融入瓶身,好似打破了瓶子的靜態。它是為樂趣享受而創造出來的作品,闡釋了手和肌膚之間的關係,使其充滿了溫暖的人性。
IWAのボトルはマーク・ニューソンによりデザインされた。彼は伝統的な日本酒のボトルに、今までにない深い色味をもたせ、ベルベットのような艶のある質感に仕上げた。酒が注がれる瞬間は、深く暗い影から光が湧き出ているかのようである。書道家木下真理子とアートディレクター中島英樹のコラボレーションにより生み出された、白い硝子の層からなる書は、ボトルに躍動感を与え、静と動のコントラストをもたらす。筆致によって喜びが表現され、温かな人間味がボトルに加わった。
當理查.吉歐法依(Richard Geoffroy)遇到隈研吾時,他找到了一位仁慈優雅的日本實現家。隈研吾將理查.吉歐法依介紹給另一位非常重要的專案推動者:桝田酒造的執行長桝田隆一郎,來自從1893年便開始且由家族所經營的清酒公司,而他出生的富山縣則成為岩 IWA的家鄉。在這兒,隈研吾將首次建造一間清酒釀造廠,對這位已名滿國際的日本建築師而言,亦是個難得的機會。
建築家隈研吾との出会いが、リシャール・ジョフロワを日本へと導いた。隈研吾はリシャール・ジョフロワに、このプロジェクトの鍵となる重要な人物を紹介した。1893年の創業以来代々続く桝田酒造店の蔵元、桝田隆一郎である。彼の生まれ育った富山でIWAは誕生し、隈研吾によって酒蔵が設計された。長い日本酒の歴史の中でも、非常に稀有なコラボレーションが実現した。

藝術家 津田 直

攝影是讓世界認識岩 IWA 的途徑之一。津田直是第一位受邀來回應白岩景色的藝術家。在此所呈現的「冬日」,是在進行為期一年的研究後推出的第一系列作品。
写真による情景の表現は、IWAの世界観を理解する重要な要素となる。津田直は、白岩のランドスケープを表す最初のゲストアーティストである。「冬(Winter)」は、1年にわたる撮影のインスタレーションの第一弾となった。